【国宝仏像】十一面観音立像【法華寺】の解説と写真

蓮華を纏う白木の美しい観音菩薩

最終更新日:2018年3月10日

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

分類 国宝
ジャンル 美術品・彫刻
時代 平安
構造・形式等 木造
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 法華寺
安置場所 法華寺本堂
所在・エリア 奈良平城宮エリア

「法華寺式」と呼ばれる独特の像容もつ十一面観音立像。
重心を左足に置き、右足を少し浮かせたかのような優美な形をとり、光背はハスのつぼみをあらわした他に例を見ない特徴的なもので、小柄のサイズもあいまって全体のバランスがよく美しい。
「代用檀像」彫刻に分類され、カヤの一木で出来ている。
他の仏像のように彩色や金箔が剥落したのではなく、当初から施されていない素木像。

法華寺十一面観音立像の写真

※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)※ Japanese Temples and their Treasures, Vol.2, 1910 (Shimbi Shoin)(保護期間満了)

法華寺十一面観音立像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×