【国宝仏像】鑑真和上坐像【唐招提寺御影堂】の解説と写真

最終更新日:2018年3月10日

乾漆鑑真和上坐像(開山堂安置)(かんしつがんじんわじょうざぞう)

分類 国宝
ジャンル 美術品・彫刻
時代 奈良
構造・形式等 脱活乾漆(だっかつかんしつ)造
国宝指定年月日 1951年06月09日
所有者 唐招提寺
安置場所 唐招提寺御影堂
所在・エリア 奈良西ノ京エリア
ホームページ http://www.toshodaiji.jp/ganjin.html

日本仏教史において欠かせない重要人物である鑑真和上の肖像彫刻で、脱活乾漆による天平彫刻の代表作のひとつ。
鑑真和上は戒壇をさずけるため日本への渡航を試みるが5回失敗、6回目に成功した際には失明していた(失明していないとする説あり)。
亡くなるまでの10年間、東大寺で5年、唐招提寺で5年を過ごした。
本像は鑑真和上の特徴を捉えた優品で、麻布と漆だけでつくる脱活乾漆造の代表作。

安置されている御影堂は2015年から2020年(予定)まで大修理により拝観できません。鑑真和上坐像は「新宝蔵」に遷座しており、期日を限定して開扉される場合があります。

鑑真和上坐像の写真

※ 小川一真『東京国立博物館 研究情報アーカイブス』1888年(保護期間満了)※ 小川一真『東京国立博物館 研究情報アーカイブス』1888年(保護期間満了)
※ 『上代の彫刻 -日本美図絵3-』河出書房、1954年(保護期間満了)

鑑真和上坐像安置場所の地図

コメント(0)

  • ※コメント確認画面はありません。
  • ※コメント投稿後は再読み込みをしてください。
CLOSE ×